【末𠮷中学のみなさんへ】上位の生徒しかやっていない目標の立て方

こんにちは。塾長の本間です。

 

末𠮷中学は来週が学年末試験ですね!

 

勉強は進んでいますか?

 

さて、友達やクラスメートで『5』を沢山取っている人

 

いませんか?

 

そういう生徒を見て「あいつ頭良いし・・・」

 

と自分は無理と決めつけている人

 

いませんか?

 

それって大きな間違いなんです。

 

オール5やそれに近い成績を取っている人は

 

特別天才ではありません(たまにいますけど)。

 

では、家に帰ってずっと勉強しているのかと言えば

 

そのようなことはありません。

 

むしろ、部活動も一生懸命やっている人の方が成績

 

が良いことが多いです。

 

では、何が違うのか?

 

そもそも、見ている「ゴール」が違います。

 

「成績でどのくらい取りたいか」という質問をすると

 

上位の生徒は「92点」とか「85点」など具体的に数字を

 

言い、また根拠を持っています。

 

それ以外の生徒は「平均点くらい」、「半分くらい」

 

と「~くらい」になります。

 

また、上位の生徒は何があっても目標点を絶対に超えようとします。

 

それ以外の生徒は目標点に届かなくても近付けば良しとします。

 

ここが大きな差になります。

 

ただし、目標点は高すぎてもやる気がでないし、低すぎても

 

モチベーションは下がります。

 

一番良い目標は『頑張ればギリギリ届きそうな点数』を設定すること。

 

前回のテストが40点だった人が次の目標を80点にしても

 

届かない可能性が高いですよね。

 

前回のテストが90点だった人が次の目標を70点にしても

 

やる気でないですよね。

 

目標点数をどう決めればよいのかわからない人は是非相談してください😁

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

鶴見区上末吉の次世代型個別学習塾シータの教室紹介と先生紹介

LINEのqrコード

次世代型個別学習塾シータ

〒230-0011 神奈川県横浜市鶴見区上末吉1−11−18白井コーポ1ーC

TEL: 045-717-9997 FAX: 045-717-9993